【SEO対策の基本】上位表示に効果的なキーワードの入れ方とは?

pagetop

SEO比較.jp

お見積り無料

無料比較する

SEO業者選びで嫌な思いをしないための徹底比較サイト【SEO比較.jp】
  1. >
  2. >
  3. 【SEO対策の基本】上位表示に効果的なキーワードの入れ方とは?

【SEO対策の基本】上位表示に効果的なキーワードの入れ方とは?

SEO(検索エンジン最適化)対策において、キーワードをホームページ内に盛り込むことが大事だということは、ほとんどの人が把握しているでしょう。しかし、最適なキーワードの挿入方法についてはあまり理解できておらず、なんとなくキーワードを選んでページ内に盛り込んでいるという方は多いのではないでしょうか。

「本文の中にキーワードを入れるだけ!」
「キーワードの選定や挿入は初心者でも簡単にできる!」

そう思われがちなキーワードですが、実際には最適な方法でキーワードを挿入しなければ、上位表示とは程遠い結果となってしまう事もあります。

この記事では、上位表示に効果的なキーワードの入れ方を中心に、押さえておくべきポイントや注意点等もあわせて解説しています。

どのような要因により検索サイトの表示結果が決められているのか、またどのようなキーワードをどこに設定すべきなのか理解できていないという方は必見です。

1.SEO・検索ユーザーとキーワードの関係性

インターネットを利用するユーザーは調べ物をする際、Googleなどの検索サイトを利用して、知りたい事柄に関するキーワードを検索するでしょう。この、「知りたい事柄に関するキーワード」が、SEOにおける対策キーワードとなります。

検索エンジンは、独自の検索アルゴリズムを用いて検索順位を決定しており、ユーザーが求めている内容(キーワード)に対して適切な情報が含まれていると判断したサイトを検索上位に表示させる仕組みとなっています。

そのため、検索結果での上位表示を目指すためにはサイトページの文中に適切なキーワードを挿入することが重要です。
最適なキーワードの選定・挿入はSEO対策における基本中の基本となるため、しっかり理解しておきましょう。

2.キーワードの選定方法

検索ユーザーのニーズを満たすためには、「このようなことを知りたいのではないか」「このような情報が必要ではないか」とユーザーが検索しそうなキーワードを”ユーザーの立場で考えること”が重要です。

ここからは、SEOキーワードの選定方法について分かりやすく説明していきます。

2-1.ページに対するテーマとなるキーワードを決める

主題(テーマ)がなく、ぼんやりとした内容のページだと、閲覧する人にとって何も得られない役立たずなページとなってしまいます。
「このことについてしっかり伝えたい」という主題を決め、その主題に沿ったキーワードを用いてページ作成を行うと、閲覧者と検索エンジンの両方に好まれやすいページとなるでしょう。

また、ページのテーマとなるキーワードを決める際は、以下の2点が重要となります。

①自然に使われるキーワードである
②キーワードに需要がある

まず、テーマに対して自然に使用できるキーワードであることが大切です。
不自然なキーワードを選定してしまうと、ページ内コンテンツを作成する難易度も高くなります。
それだけでなく、ユーザーがふと「気になる!」と思った際に、自然と検索されるような需要の高いキーワードでなければ上位表示しても意味がありません。

最適なキーワードを選定するために、後述するツールを利用することを強くおすすめします。

2-2.ツールを用いてキーワードを調べる

検索時にキーワードが多く使用されているかどうかを調べるツールには、様々なものがあります。ここでは、代表的な2つのツールについてご紹介します。

まず、最も手軽に利用できるツールが検索窓のサジェスト機能です。サジェストとは、Googleなどの検索エンジンで検索窓に語句を入力したときに表示される検索候補ワードのことを指します。
サジェストは多くのユーザーから実際に検索されているワードの組み合わせが提示されているため、ユーザーの検索ニーズをある程度掴むことができます。

より具体的な数値で検索ニーズを分析したい場合、Googleが提供する無料ツールのキーワードプランナーを利用すると、キーワードに用いたいワードが月間でどれほど検索されているかを知ることができます。
キーワードプランナーはキーワード選定の有効な指標として、実際に多くの企業でも使用されています。

【キーワードプランナーでの検索ボリューム調査のイメージ】

2-3.キーワードの取捨選択の必要性

ツールを用いたキーワード選定で検索ボリュームが大きいキーワードを見つけたとしても、キーワードの入れ方が不自然だったりページ内容との関連性が薄ければ、検索エンジンからのページ評価が低くなるためSEO効果は期待できません。

例えば、一点物の手作りバッグを売るような通販サイトに「バッグ おすすめ」といったキーワードでSEO対策を行ったとしても、上位表示はなかなか狙えないでしょう。それには「検索ニーズ」が関係しています。

「バッグ おすすめ」というキーワードで検索するユーザーは、「様々なメーカーやブランドのおすすめバッグを知りたい」というニーズがまず考えられます。
一点物の手作りバッグを売っている”通販サイト”は、人気のブランドバッグなどをおすすめしているわけではありません。
そのためユーザーニーズを掴んだサイトではないと判断され、上位表示には程遠くなってしまうのです。

本当に成果を目的とするならば、検索ニーズの背景を理解してキーワードを取捨選択する必要があります。

3.キーワードの挿入方法

対策キーワードを選定した後、検索結果で上位表示させたいページが「対策キーワードで検索された際にユーザーの問題を解決できる記事となっているのか」という観点を中心として、ページ内にキーワードや必要な情報を盛り込んでいく必要があります。

サイト内のコンテンツを作成する際には、ページの構成をわかりやすくするため、以下5つのポイントに対して正しく設定しなければなりません。

・タイトル
・見出し
・本文
・ディスクリプション
・アンカーテキスト

ここからは、ページの各要素での最適なキーワードの挿入方法について説明していきます。

3-1.タイトル

検索結果にはタイトルが最も目立って表示されるため、キーワードの挿入は非常に重要です。

まず、検索結果に表示されるタイトル文字数には制限があります。
タイトルが長すぎると後半は省略されてしまい、設定したタイトル全文が表示されなくなってしまうため、全角32文字以内で記述しましょう。

そして、検索結果画面から一目見て「どのようなページか」を理解してもらえるよう、キーワードはタイトル文の出来るだけ前方に設置することが望まれます。

タイトルは、検索結果やブラウザのタブに表示されるだけでなく、SNSでシェアされたときやブラウザのブックマークのタイトルなど、様々なところで利用されます。
単純な記事内容の要約だけでなく、「キャッチコピー」としての役割も持つため、ユーザーが関心を持つようなタイトルを付けることが大切です。

3-2.見出し

一般的に、見出しは検索順位の決定に直接影響するものではないといわれています。
しかし、見出しには文書構造を正しく検索エンジンに伝える効果があり、ユーザーからも「どのようなページか」を判断されやすいため、極力見出しにはキーワードを入れるべきだと言えます。

ただ、キーワードを入れることにより不自然になってしまう場合は、無理にキーワードを入れることは避けましょう。

3-3.本文

数年前のSEO対策では、「ページコンテンツ中に◯%のキーワードを使用すると上位表示に効果的である」というように、キーワード比率についての目標数値がありました。

しかし、現在では検索エンジンの精度が向上し、キーワード比率に依存しなくても検索エンジンがページのテーマ・内容を理解できるようになりました。
そのため、キーワード比率を意識したコンテンツのSEO効果は以前に比べて低くなり、ユーザーにとって価値のある、分かりやすいコンテンツ作りの方がより重要となっています。

また、SEOを意識するあまり、文章が不自然になるキーワードの入れ方をしてしまったり、テーマと関連の薄いキーワードを無理に入れてしまう例があります。
そのようなキーワードの使用方法は、検索エンジンからの評価が低くなるだけでなく、ユーザーにとっても内容が分かりづらいものとなります。

検索エンジン・ユーザーともに評価されるためには、キーワードの比率・数にこだわらず自然にキーワードを挿入しましょう。

3-4.ディスクリプション

ディスクリプションとは、検索結果でページタイトルとURLの下の位置に表示されるもので、検索エンジンやユーザーに対しページの概要や情報を伝えるために重要な要素です。

ディスクリプションはページタイトルと同様、検索ユーザーの目に留まりやすい重要な部分となっていますが、実は直接的な検索順位アップ効果にはつながりません。

しかし、ディスクリプションはユーザーがページの閲覧(クリック)を決める材料の一つとされているため、キーワードを含めてリンク先の情報をより分かりやすく記述することは非常に重要です。

ディスクリプションには制限文字数があり、パソコンでは120字程度、スマートフォンでは50字程度までが望ましいとされています。検索結果にせっかく候補として表示されても、制限文字数を超えて記述した部分は省略されてしまいます。

したがって、ページの概要は120字程度で作成し、前半の50字程度で重要な部分を説明すると、パソコンはもちろんスマートフォンでも省略されることなく表示されやすくなり、ユーザーからどのようなページかを一目で判断してもらえるため、クリック率の上昇が期待できます。

3-5.アンカーテキスト

アンカーテキストとは、リンクが張られた際の”クリックされるテキスト部分”のことを指します。検索エンジンは、アンカーテキストの内容からどのように紹介されたリンクなのかを判断し、検索順位に反映させます。

アンカーテキストを設定する場合は、「ここをクリック」といったような特に意味を持たないテキストではなく、そのリンク先が何に関してのコンテンツを提供しているかが一目で判断できる、具体的なキーワードを入れたテキストが適切です。

ただし、長すぎるアンカーテキストやキーワードのみを入れたアンカーテキストは検索エンジンから好まれません。2~3個の簡潔な単語を使用したテキストなど、短めに設定しましょう。

4.SEOで検索上位になるために必要なポイント

ここまで、キーワードの選定方法や挿入方法について紹介してきました。
次は、上位表示に効果的なキーワード設定を行うために、押さえておくべきポイントをみていきましょう。

・検索キーワード(ニーズ)に応えられるページ作り
・”共起語”の挿入で専門性・網羅性を高める

上記のいずれも単なるテクニックではなく、ページ作りの本質に関わってくるものです。安定した上位表示が実現できるように、それぞれのポイントについて理解を深めていきましょう。

4-1.検索キーワードに応えられるページ作り

検索ボリューム数の多いキーワードを対策ワードに設定すること自体は、特に問題ありません。

しかし、作成されたコンテンツ内容で一貫性や整合性があるようなタイトル、見出しや本文が作成されていなければ、検索エンジンからの評価は低くなり、検索順位は上がりません。
また、検索キーワードから訪れたページがユーザーの求めているようなコンテンツでなかった場合と、再び閲覧したい、もしくは人に紹介したいと思われることもないでしょう。

検索上位を目指すためには、検索キーワードひいては検索ユーザーに対して不足のないコンテンツ作り、そして検索ページから訪問したユーザーが役に立ったと思える魅力的なページ作りが大切です。

4-2.”共起語”の挿入で専門性・網羅性を高める

共起語とは、対象のキーワードと一緒に出てくると予想される、関連性の高いワードのことです。

【例】

対象ワード 共起語
自動車 ・エンジン
・ドライバー
・燃費
・運転
不動産投資 ・アパート経営
・副業
・不労所得

検索エンジンは、ページ全体の単語から総合的に内容を読みとるよう進化し続けています。
そのため、対象ワードだけでなく関連検索ワードを挿入することで、より適切にページ内容を検索エンジンに伝えることができます。

また、専門性や網羅性が高くなることにより、検索ユーザーが複数ワードで検索する際に、より広い範囲で検索に引っかかりやすくなります。

5.【注意】キーワードの過剰詰め込みはペナルティに

対策キーワードや共起語の挿入を行うことで、よりページの価値が上がるというお話でしたが、キーワードの詰め込み方には注意が必要です。

キーワードを過剰に挿入し、不自然に詰め込まれていると判断された場合、検索エンジンからスパム行為とみなされ、ペナルティとして検索順位が下げられることがあります。

さらに、ペナルティを受けるだけでなく、ユーザーにとっても不自然で分かりにくい文章となるため、ページの離脱率も上昇してしまいます。
何かの拍子で一時的に検索順位が上がったとしても、魅力のないページだとユーザーから判断されてしまうと、いつまでたっても問い合わせや成約には繋がりません。

「クリック率の上昇」のみを目標としてSEO対策を行う方は誰一人としていません。「上位表示による成果」を目標としているのであれば、キーワードの過剰詰込みは絶対に避けましょう。

まとめ

SEOで最も重要と言える対策キーワード。正しい選定方法と挿入方法を知らずにSEO対策を始めるのと、予め知識を蓄えた状態でSEO対策を始めるのとでは、成果に大きな違いが必ず生まれます。

この記事では、数ある「上位表示に効果的なキーワードの入れ方」のノウハウの中でも、高い専門知識を必要とせず、簡単・手軽に行えるものを厳選してご紹介しました。 まずはキーワードの選定から気軽に取り組んでみて、サイトへの訪問者増加にお役立てください。

関連記事

Copyright©2019 SEO比較.jp All right reserved.