更新頻度はSEO対策に効果的!【とはいえ、注意点もあります!】

GoTop

完全無料対応!お気軽にご相談ください

Tel0120-984-282

受付:月~金曜日10:00-19:00

無料比較はこちら
SEO業者選びで嫌な思いをしないための徹底比較サイト【SEO比較.jp】
  1. >
  2. >
  3. 更新頻度はSEO対策に効果的!【とはいえ、注意点もあります!】

更新頻度はSEO対策に効果的!【とはいえ、注意点もあります!】

更新頻度を高めた方が、SEO対策になるのか?と疑問に感じているWeb担当者は多いハズです。
そこでこの記事では、サイトの更新頻度はSEO効果があるのか?ということに関して、詳しく解説していきます。

結論から言いますと、更新頻度の高いサイトはSEO的に有利になります。
なぜなら、サイト更新が頻繁にされている=最新情報が掲載されていることになるからです。
ただ、注意したいのは、直接的にSEO効果があるというのは間違いで、あくまでも間接的に効果を実感できるということ。
少しややこしい内容にはなりますが、この記事をしっかりと読み込むことで、上記の意味をさらに理解できるかと思います。

ちなみに、当サイト(SEO比較.jp)では、最新の情報を提供するため、定期的に更新作業を実施しています。
その結果「SEO比較」という単一キーワードで上位化に成功しています。

1.更新頻度はSEO対策に効果的な2つの理由

更新頻度がSEO的に有利になる理由は主に2つです。

  • 1.最新情報をユーザーに提供できるから
  • 2.Googleに最新情報をアピールできる

詳しく解説していきます。

1-1.最新情報をユーザーに提供できるから

更新頻度を高めることで、常に最新コンテンツがサイト内にストックされます。
Googleは信頼性が高くて、最新の情報を好みますし、ユーザーにとっても古い情報よりも最新情報の方が読みたいハズです。

また検索エンジンで何かを検索したときに、スニペット部分に日付が表示されると思います。
この日付が現在の日付と近いコンテンツの方が、圧倒的にクリック率が高くなる可能性があります。
仮に貴社サイトが3位、4位であったとしても1位、2位より最新の日付が表示されているとユーザーはスクロールして貴社サイトに訪れてくるでしょう。

ちなみにSEO比較.jpは、何かを検索するとき、記事自体の日付の新鮮さを重要視しています。
とくに流れが早いビジネスであればあるほど、最新の日付が表示されている情報を閲覧したくなります。
これはユーザーも同様かと思います。

一度、貴社サイトを確認してみてください。
古い情報が検索結果にあれば、最新情報になるようにリライトしていきましょう。

1-2.Googleに最新情報をアピールできる

サイトの更新頻度が高まると、Googleのクロール頻度が増します。
クロール頻度が増えてくると、最新記事のインデックススピードが上がりますので、いち早く検索ユーザーに情報を届けることができます。
つまり、Googleに「うちのサイトは常に更新している」ということのアピールになりますので、間接的にSEO効果を高めることができるのです。

また、2013年にフレッシュネスアップデートという名目でGoogleがアルゴリズムをガラッと変えてきました。
フレッシュネスアップデートを簡単に解説しますと、新しい情報を持ったサイトが検索エンジンで重要視されるという施策です。
この背景から、サイト内に最新情報が存在することは必須となっています。

この事から、更新頻度を高めて、常にサイト内を潤しておく必要があるのです。

無料お見積り依頼

無料比較

2.【SEO対策】更新頻度を高める時の注意点

サイトの更新頻度を高めることで、間接的にSEO効果が高まります。
とはいえ、更新頻度を高める際に、気をつけるべきことがいくつかありますので共有していきます。

  • 1.質の低いページを量産しない
  • 2.日付だけ最新にする行為
  • 3.画像だけを追加する行為
  • 4.一行のテキストの変更する行為
  • 5.そもそも更新頻度を高める必要のないサイトでの更新

最低限、上記5つのことを注意しましょう。

2-1.質の低いページを量産しない

更新頻度を高めようとして、質の低いページを量産してしまうと、サイト評価を大きく落としてしまう原因になりますので、注意が必要です。
質の低い記事だと、ユーザビリティを損なうだけでなく、サイト自体の信頼を失ってしまうこともありますので気をつけたいところです。

2-2.日付だけ最新にする行為

最新情報にしようとして、日付だけを変更する方が多いのですが、この行為もサイト評価を落とす原因になります。
理由としては、Googleからスパム行為とみられる可能性があるからです。

なので、日付だけを変更する行為は実施しないようにしましょう。

2-3.画像だけを追加する行為

連続で画像だけを追加して最新日付に変更する行為もサイト評価を下げる原因になりますので、できるだけ実施しないようにしてください。
画像を追加、削除する場合は、なるべくまとめて行うようにしましょう。

2-4.一行のテキストを変更する行為

最新日付にするために、テキスト変更の連続更新も同様で、スパム行為になる可能性が高いです。
テキスト変更時は、リスクを避けてまとめて行うようにしましょう。

2-5.そもそも更新頻度を高める必要のないサイトでの頻繁なる更新行為

コーポレートサイトなどの会社概要ページでの連続更新は実施しないようにしましょう。
これらのページは更新頻度を高める必要がないページなので、連続更新することで、Googleからの評価が下がってしまう可能性が高いです。

3.【SEO対策に効果的】更新頻度を高める施策

更新頻度の高さは、間接的にSEO効果があるが、注意点も必要だということをお話ししてきました。

ですがここで「それは分かったけど、結局どのようにして更新頻度を高めたら良いのか?」という疑問が出てくるかと思います。
そんな方のために、今から正しい更新頻度の高め方をご紹介していきます。

簡単にできる施策になりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

3-1.質の低いコンテンツの削除・統合

質の低いコンテンツを削除、または統合することで、簡単に更新頻度を高めることができます。
質の低いコンテンツの定義は、記事によって違うのですが、ここでは貴社サイトに必要ないページ、もしくはGoogleから評価されていないページとします。

質の低いページがサイト内に存在すると、サイト評価を下げてしまう原因になってしまいます。
そのようなページは削除するか、別の記事に統合することで、Googleから新たな評価を得る可能性が高くなります。

3-2.サーチコンソールで表示されている検索クエリをもとにリライト

続いては、サーチコンソールで表示されている検索クエリをもとに記事をリライトすることも重要です。
リライトすることで、サイトの更新頻度も上がりますし、ページ評価も高まります。

結果的にサイト全体の評価が高くなりますので、貴社サイトの順位が徐々に上がり、それに比例して売り上げもどんどん上がっていくことでしょう。

まとめ.SEO対策するなら質の高い記事の更新頻度を高めること

SEO対策を効率的におこなうためには、質の高い記事の更新頻度を高めることが大事です。
コンテンツマーケティングは日々のコツコツ作業が非常に重要になります。
ただ、中には忙しくてコンテンツ作成にリソースを割けないWeb担当者も多いと思います。

当サイト(SEO比較.jp)では、良質なコンテンツ作成代行をはじめ、SEO対策を代行できる優良なSEO対策会社を厳選してご紹介しています。
さらなる売り上げ増加を実現させるために、ぜひ、当サイト(SEO比較.jp)の無料一括見積もりサービスをご利用ください。

比較・検討もできますので、貴社サイトに最適なご提案ができるハズです。

HPのアクセスが減ってきていませんか?

SEO比較.jpではサイトのアクセスを増やす施策を全3冊に渡って無料で提供しています。

  • 3ヶ月でアクセスを2倍にした3つの秘訣
  • 順位が下がった時におさえておくべき3つのこと
  • KWの順位を上げる為にやるべき3つの内部施策

アイコン

関連記事

SEO比較 無料お見積り
SEO比較 無料お見積り

ランキング

カテゴリー

Copyright©2022 SEO比較.jp All right reserved.