SEO用語集【インデクサ】

GoTop

完全無料対応!お気軽にご相談ください

Tel0120-984-282

受付:月~金曜日10:00-19:00

無料比較はこちら
SEO業者選びで嫌な思いをしないための徹底比較サイト【SEO比較.jp】
  1. >
  2. SEO用語集【インデクサ】

SEO用語集

インデクサ
【インデクサとは】

インデクサとは、処理を簡単にすることにより、検索結果をより高度にするための技術です。データを中間処理することにより、プログラムの処理速度を高めデータベース量を節約し、検索結果を早めるのです。検索には検索アルゴリズムが使われています。その検索アルゴリズムは、大きなデータベース量を必要とするため、データベース量の簡略化が必要となってきます。インデクサをおこなうと情報処理が早いサイトと見なされ、検索エンジン上の評価が上がりやすくなります。

【インデクサの役割】

インデクサは様々なプログラムを用いドキュメントに対して次のような解析作業を行います。まず、ページの解析やリンク解析を行う検索アルゴリズムがスコアリングの時に使用しやすいように、それらの状態を評価します。つまり検索アルゴリズムの仕様です。それとは別に統計解析を行うことによりhtmlソース内の検索に必要のない無駄な部分、例えばスクリプト記述の部分などを明確にするのです。特に必要のない部分を検索から弾くことによりページ解析がより容易になります。

【そのほかのインデクサの役割】

インデクサはほかに、形態素解析などによって、文章を単語に切り分ける。そのページ内の一つ一つの単語が文章のどの位置に存在するのか、その位置情報を明らかにすることにより、より解析がしやすくなります。このような中間処理をしてインデクサを利用することにより、検索処理が早く正確になるのです。データを中間コード化しインデックスに格納することで中間処理が早くなります。
Copyright©2022 SEO比較.jp All right reserved.