SEO会社の比較方法から依頼の流れまで|業者選定の完全ガイド

GoTop

完全無料対応!お気軽にご相談ください

Tel0120-984-282

受付:月~金曜日10:00-19:00

無料比較はこちら
SEO業者選びで嫌な思いをしないための徹底比較サイト【SEO比較.jp】
  1. >
  2. >
  3. SEO会社の比較方法から依頼の流れまで|業者選定の完全ガイド

SEO会社の比較方法から依頼の流れまで|業者選定の完全ガイド

WEBマーケティングの集客・売上をアップさせるために欠かせない「SEO対策」。SEO対策は、自社のメディアや商品をWEB上で顧客と結びつけるためには、非常に重要です。

自社でSEO対策を行う「インハウスSEO」で対策することもできますが、「SEOが重要であることは理解しているが、方法がわからない」というWEB担当者も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、SEO業者への依頼です。SEO業界には、SEO会社が数多くあり、どのようなサービスを行っているのか、どのくらいの予算が必要かなどを知り、適切なSEO会社を選ぶ必要があります。

そこで今回は、SEOで得られるメリットから、SEO会社の比較方法・依頼の流れまで詳しく解説します。

1.「SEO対策」はWEBからの集客・売上の大幅UPが期待できる!

まず、SEO対策とは何かを確認しておきましょう。

そもそもSEOとは”Search Engine Optimization”の頭文字をとった略語で、「検索エンジンの最適化」という意味を持っています。
Googleをはじめとした検索エンジンからの評価を高めることで、検索順位の上位表示が実現されるというもので、WEBサイトの運営者はほとんどが行っている方法と言っても過言ではありません。

また、検索エンジンのシェアはGoogle検索がほとんど占めているため、SEO対策は「Google対策」とも呼ばれています。

SEO対策により、自社メディアにアクセスが集まると、メディアを通じた商品の売上やサービスの利用など集客・売り上げの大幅アップを期待できます。
ここからは、SEO対策を行うメリットや、集客・売上につながる仕組みを詳しくご紹介します。

1-1.WEBマーケティングでSEO対策を行うメリット

WEBマーケティングでSEO対策を行う大きなメリットは、「自社メディアへのアクセスを集めることができる」という点です。自社サイトを顧客の目に入りやすくすることは、サービスや商品への集客・売上に大きくつながります。

しかし先述のとおり、現在多くのWEBサイトがSEO対策を行っています。そのため現在では、競合サイトを押しのけて、検索上位に表示されることは困難でしょう。
トップページに近い位置に自社サイトを表示させ、集客・売上を狙うためには、SEO対策は不可欠だと言えます。

1-2.SEO対策によってWEB集客・売上が上がる仕組み

前述のとおり、SEO対策は「検索エンジンの最適化」ということで、検索結果の上位表示を目指すための施策です。マーケティングにはSEO対策が重要だと言われていますが、検索結果の上位に表示されたからと言って、WEB集客や売上に直接つながるというわけではありません。

では、なぜSEO対策が集客や売上につながると言われているのでしょうか。

それは、SEO対策として行う「施策」に理由があります。 SEO対策には、内部対策や外部対策をはじめとしたさまざまな施策が存在します。 これらは「Googleに評価されるために行う」というイメージを持っている方もいるでしょう。しかしGoogleは、「ユーザー第一」を掲げた上で、世界中のWEBサイトを評価しています。

すなわち、「ユーザーにとって有益・魅力的なサイト」であるサイトでなければ、狙ったキーワードで上位表示させることは不可能と考えても良いでしょう。

このことから、SEO対策で上位表示されることにより、集客や売上に「直結する」のではなく、「間接的に深く関わる」ということがわかります。

2.SEO会社へ依頼する時はどのように比較したらいいの?

SEO対策は、知識のない方が簡単にできるものではありません。そのため、SEO会社に依頼する企業がほとんどです。しかし、ただSEO会社を依頼すれば良いというわけではありません。

自社サイトに適したSEO会社を選ぶためには、数あるSEO会社の中からしっかり比較・検討することが重要です。

SEO会社へ依頼しようと考えた際は、まず以下3つのポイントを比較しましょう。

  • ●サービス内容
  • ●料金システム・料金
  • ●得意・不得意

上記のポイントをしっかり押さえておかなければ、納得のいく施策をしてくれるSEO会社には出会えないと言っても過言ではありません。

無料お見積り依頼

無料比較

3.SEO会社が行っている主な5つのサービス内容

SEO会社に、自社メディアに適した施策を依頼したいのであれば、まずはSEO会社がどのようなサービスを行っているかをおさえましょう。

SEO会社が行っている主なサービス内容には、以下5つのものがあります。

  • ・内部対策
  • ・外部対策
  • ・コンテンツ対策
  • ・サイト分析
  • ・コンサルティング

自社メディアの強みや弱点を考えながら、どのサービスに特化したSEO会社が良いかなどをイメージすることで、SEO会社をよりスムーズに選ぶことができるでしょう。
ここからは、それぞれのサービス内容について詳しく解説します。

3-1.内部対策

SEO対策における内部対策とは、ウェブサイト内を充実させることが目的で行われる施策です。

主なSEO内部対策には、以下のような施策があります。

  • ・検索でヒットさせたいキーワードを盛り込んだ【タイトルや見出しのタグ設定】
  • ・画像を文字情報として読み込ませる【altタグの設定】
  • ・検索結果にメディアの内容を説明する【メタディスクリプションの設定】
  • ・複数に渡るコンテンツを同一メディアのページとして認識させる【URL正規化】

Googleは、ユーザー第一のコンテンツを評価します。Googleから「充実したコンテンツである」と評価されるためには、Googleのアルゴリズムをもとに、サイトを巡回するクローラーに良いメディアであることを伝える必要があります。

そのため、しっかりユーザー目線に立ちながら適切な内部対策を行い、サイト内のコンテンツを充実させる必要があります。

3-2.外部対策(被リンク対策)

外部対策は、メディア内部を充実させる内部対策とは異なり、外部からのリンクで評価を高めるという施策です。「被リンク対策」と呼ばれることもあります。

有益な情報が掲載されているサイトは、Googleだけでなく他ユーザーからも評価されるでしょう。そして評価したユーザーは、「有益だ」と感じたサイトのリンクを自社サイトに張るということも少なくありません。

結果的にこのような行為は「被リンク」となり、Googleから「他サイトでも評価を受けているサイト」だと認識され、さらに評価されやすくなる、という仕組みです。

しかし、被リンクの数で評価されるわけではありません。自社サイトのリンクを張っているサイトの質も重要です。自身で作成した適当なサイトに、順位を上げたいサイトのリンクを過剰に張り付けると、ペナルティを受けてしまう可能性があります。

ペナルティを受けると、上位表示されることは難しくなり、SEO対策の効果を上げることができません。SEO会社では、質の良いリンクをメディアに供給するサービスを行っているため、ペナルティを避けた上で、外部からのメディアの信頼を築くことが可能になります。

外部対策に関しては「SEOの外部対策とは?基本の仕組みや良質な被リンクの作成ポイント」でも詳しく解説しています。

3-3.コンテンツ対策

コンテンツ対策とは、メディアの魅力やサービス、商品をアピールするための記事などのコンテンツを制作するという施策です。

内部対策と外部対策によって順位が変動したとしても、メディアのコンテンツが充実していなければ、コンバージョンにつなげることはできません。
検索ユーザーからアクセスしてもらい、きちんと売上につなげるためには、魅力的なコンテンツを掲載する必要があります。
中でも、サイト内に掲載する「記事」は、古くから重要であると言われています。

SEO会社では、自社で専属ライターを抱えているところも少なくありません。専属ライターのいるSEO会社であれば、メディアの意図を汲み取った適切なSEO記事を提供してもらうことができます。

また、SEOを意識した記事だけでなく、メディアの魅力を最大限に引き出す記事が期待できることも魅力です。
特に、選定キーワードや自社サービスによっては記事が集客・売上の鍵を握ることにもなるため、SEO会社を選ぶ際は専属ライターの腕もきちんとチェックしておく必要があります。

3-4.サイト分析

サイト分析は、サイトの状態や情報を数字の面・数字で表せない概念をそれぞれデータ化して分析する施策です。サイトを調査することで問題点を見つけ、サイト改善につなげます。SEO会社は、サイト分析と問題点を洗い出し、必要な施策やマーケティングの展開を図っていきます。

代表的なサイト分析は「アクセス解析」です。アクセス解析では、サイトの評価・SEO順位・PV数だけでなく、ユーザーが流入している検索キーワード、サイト内のユーザーの動線など、サイト情報が詳しく分析します。

通常は、サイト分析ツールやアクセス解析ツールが使ってサイト分析を行います。有名なアクセス解析ツールはGoogle公式の「Googleアナリティクス」です。Googleの日本国内シェアは70%を超えており、SEO対策ではGoogleの評価基準に近づけることが重要となっています。そのため、使用しているSEO会社も多いツールです。

SEO会社は分析ツールを用いて、クライアントサイトと競合サイトの分析・解析することでクライアントサイトの弱点や競合との相違をデータ化します。SEO会社によっては、複数のツールを用いてより正確なデータの抽出に力を入れているところや、オリジナルの分析ツールを用いているところもあります。

サイト分析は、サイトの改善に向けて、具体的にどのような施策を行えばいいのかを見つけ出す作業です。SEO対策ではやみくもに施策を行えば、検索エンジンからペナルティを受けてしまうリスクもあるため、問題に対して的確な策を講じなければなりません。

問題点を見つける作業=サイト分析ともいえるため、SEO対策においてサイト分析は特に重要な作業となっています。

3-5.コンサルティング

SEO会社では内部対策や外部対策を行うだけでなく、WEBサイトの運営者や担当者の悩みに寄り添い、解決策を提示するSEOコンサルタントとして、コンサルティング業務も行っています。

基本的にコンサルティングは、ヒアリングから始まります。
WEBサイトの運営者が持つ「メディアの改善点を知りたい」「コンテンツを増やしたい」「改善点はわかるけれど、対策がわからない」「アイデアが浮かんだけれど、正しいか分からない」などの悩みを解決を期待することができます。

SEO対策は長期的な対策が必要であるため、事前のヒアリングだけでなく、対策後のフォローや提案などのサポートも、SEO会社選びにおいて大切なポイントと言えるでしょう。

4.SEO会社の料金システムと費用相場

SEO会社に施策を依頼する際に気になる点が、「料金システム」や「費用相場」です。

SEO会社の料金システムには、主に成果報酬型・月額固定型・一括支払い型があり、それぞれ費用が発生するタイミングは異なります。
また、費用相場もそれぞれ大きな差があるため、求めるサービスと予算と照らし合わせ、じっくり検討する必要があります。

ここからは、それぞれの料金システムについて詳しくご紹介します。

4-1.成果報酬型

成果報酬型とは、SEO対策を行ったキーワードが一定の範囲に達したときに費用が発生する形のプランです。

キーワードが報酬の発生するラインに入るまでは、費用が発生しないため、比較的依頼しやすいSEO会社の料金システムと言えるでしょう。

費用相場は対策キーワードの難易度により変化します。指定キーワードが10位以内などに上位表示された場合、1日あたり500円~10,000円の費用が発生します。
ビッグワードであればあるほど費用が高くなることを覚えておきましょう。

成果報酬型のSEO会社を選ぶ場合は、成果報酬ラインに達するまでの施策が明確か、一時的に一定ラインを超えるための施策でないかをしっかりチェックしておく必要があります。

4-2.月額固定型

月額固定制とは、月々決まった固定報酬が発生する形のプランです。上位に表示されておらず、成果が出ていない場合でも月額料金が発生するため、メディア運営者やWEB担当者にとっては、毎月の支払いがネックとなりがちです。

しかし月額費用が発生する分、サポートが手厚く、内部対策・外部対策だけでなく、コンサルティングなど、メディアを上位表示させるためにフォローを行ってくれる会社も少なくありません。

月額固定制の費用相場は、月20~40万円ほどと言われています。月額固定制のなかにも、必要なサービスごとにプランが分かれていることもあります。

4-3.一括支払型

一括支払型とは、その名の通り特定のサービスを、一括で支払って依頼する形のプランです。量産型の記事を作成するコンテンツSEOなどの施策に多く、継続的な費用がかからないというメリットがあります。

一括支払型の費用相場は、「約10万円~」です。基本的に前払いであるため、支払いに対してSEO効果を望めるかを慎重に検討する必要があります。

4-4.初期費用と解約金について

SEO会社では、初期費用が必要となるケースが多いです。相場は、成果報酬型、月額固定型ともに5万~20万円ですが、中には初期費用が完全無料となる会社もあります。

また、SEO会社に依頼した後、SEO効果が感じられなかったなどの理由で解約する場合にも、解約金が発生する場合があります。しかしSEO対策は即効性があるものではなく、継続的に行うことで成果が上がるという前提があります。
そのため会社により、6ヶ月未満の場合解約できないといった規約がある点に注意しておきましょう。

しかし、規定の期間を過ぎていたり、やむを得なかったりする場合は、解約することが可能です。解約金の目安は、以下の通りです。

成果報酬型 上位表示した際の料金を基準とした、契約満期までの日数
月額固定制 月額と残りの契約期間、指数をかけあわせた数

SEO会社によっては、成果が上がらなくて解約を検討しているWEBサイトの運営者に対して、SEO対策の再確認、アドバイスなどを行っています。
解約を決断する前に。現状のチェックを行うことも考慮に入れておきましょう。

無料お見積り依頼

無料比較

5.SEO会社の選び方・契約までの流れについて

SEO会社のサービス内容、料金システム、費用相場をざっくり理解した後は、いよいよSEO会社の選択・依頼を行いましょう。

自社メディアをどのように改善したいか、どのような施策を求めるか、どの程度の予算で契約できるかに注目して、SEO会社を選ぶことが重要です。

ここからは、SEO会社の選び方・契約までの流れについて詳しく解説します。

5-1.①複数のSEO会社を比較しそれぞれの特徴を把握

SEO会社を選ぶ際は、初めから1社に絞り込むのではなく、まず複数のSEO会社を比較・分析しましょう。たった1社の情報だけでは、本当にメディアの改善が図れるか、費用が適切かなどを把握することができません。

複数のSEO会社をピックアップし、それぞれの特徴をきちんと把握することが大切です。
特徴を把握した上で、SEO会社に求める部分を明確にし、会社の選定を行いましょう。

5-2.②気になるSEO会社に見積もりを取る

複数のSEO会社を比較した中で、気になるSEO会社を絞り込むことができたら、見積もりを取りましょう。

見積りを取ることで、求めるサービスに費用が合っていなかったといったミスを未然に防ぐことができます。どのようなサービスに対し、どの程度の費用がかかるかを知ることもできるでしょう。

いくつかの気になるSEO会社に出した見積もりを再度比較し、自社メディアに最も適したSEO会社に仮決定できれば、スムーズに選べるはずです。

5-3.③細かなヒアリングと見積もりを受けて依頼を決定

気になるSEO会社に見積もりを取ってもらう際はまず、ヒアリングが必要です。内部対策、外部対策などさまざまなサービス内容の要望・提案を受けたのち、サービスに対する費用を明確にした見積もりを取りましょう。

また、見積もりの際は大まかな費用のみを出してもらうのではなく、詳細を出してもらうことが大切です。目標や費用を設定・把握し、メディアに最適と判断できた時には、SEO会社への依頼を決定しましょう。

6.SEO会社の依頼先に迷ったときはどこを見るべき?

SEO会社に依頼することが大切だと分かっていても、依頼先の選び方が分からないという方も多くいるのではないでしょうか。

SEO会社はそれぞれサービス内容・料金体系が異なるものの、あまり知識の無い方であれば「どれも似ている」と感じることも多いはずです。
しかし、SEO会社それぞれの違いや特徴を把握せずに契約してしまうと、成果が上がらないだけでなく、無駄な費用を支払ってしまっていたということも考えられます。

最後に、SEO会社の依頼先に迷った際の選び方について、4つのポイントを挙げながら詳しくご紹介します。どのSEO会社にしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

6-1.サービス内容に適した料金体系であるか

SEO会社は、安ければ良い、もしくは高ければ良いというわけではありません。細かな作業がたくさんある中で、きちんとサービス内容に適した料金であるかが重要です。

SEO会社の依頼に迷った際は、複数の会社のサービス内容と料金体系を見て、「サービス内容に対して設定されている料金が適切であるかどうか」を必ずチェックしておきましょう。

6-2.施策前に丁寧なヒアリングがあるか

SEO会社に納得のいく施策を行ってもらえるかどうかは、施策前のヒアリングにかかると言っても過言ではありません。
今後、SEO対策を行いながらメディアをどのように成長させたいか、そしてどのようなサービスを行っているといったゴールを、SEO会社としっかり共有しておくことが重要です。

ヒアリングが十分ではないまま施策に移ると、求める成果につながらないこともあるでしょう。そのため、WEBサイトの運営者に対して、丁寧なヒアリングを行い、意図を汲み取ってくれるSEO会社がおすすめです。

6-3.施策内容を具体的に教えてくれるか

内部対策や外部対策、コンテンツ対策などの施策を具体的に教えてくれるかは、信頼できるSEO会社かを判断する一つの基準と言えます。

具体的な内容を聞かず、適当に依頼したSEO会社が行っていたのは「ブラックハットSEO」で、ペナルティを受けてしまったというケースも実際にありました。
「内部対策はこのようにします」という大まかな内容ではなく、タイトルや見出しの変更内容などの対策方法や提案内容を具体的に聞いておきましょう。

6-4.どれほどの実績があるか

SEO会社のホームページには、上位表示を実現したキーワードが実績として記載されていることがあります。
さまざまなジャンルのキーワードで上位表示を実現していれば、あらゆるニーズに応えるSEO対策を受けられると判断することができるでしょう。

また、単なる実績の多さだけでなく、「自社サイトのジャンルに近いキーワード実績があるか」もチェックしておくことが大切です。自社サイトのジャンルに近いキーワードの実績があれば、成果が上がることを期待できるでしょう。

実績のあるSEO対策会社をまとめた「東京のオススメSEO対策会社21社」と「大阪でオススメなSEO対策会社23社」という記事がありますので、合わせてご覧ください。

まとめ

WEBマーケティングで集客・売上アップを実現するために不可欠な「SEO対策」。内部対策や外部対策だけでなく、サイト分析も大切です。ペナルティを受けずにきちんと効果のあるSEO対策を行うなら、SEO会社に依頼することが望ましいでしょう。

SEO会社に依頼する際の料金体系は主に、成果報酬型・月額固定型・一括支払型の3つがあり、サービス内容の選択や予算によって、最適な料金体系を選ぶ必要があります。

ここまでご紹介した内容を参考に、SEO会社の比較・見積もりを経て、メディアに適した信頼できるSEO会社に依頼してみてはいかがでしょうか。

HPのアクセスが減ってきていませんか?

SEO比較.jpではサイトのアクセスを増やす施策を全3冊に渡って無料で提供しています。

  • 3ヶ月でアクセスを2倍にした3つの秘訣
  • 順位が下がった時におさえておくべき3つのこと
  • KWの順位を上げる為にやるべき3つの内部施策

アイコン

関連記事

SEO比較 無料お見積り
SEO比較 無料お見積り

ランキング

カテゴリー

Copyright©2022 SEO比較.jp All right reserved.